あの事件から一年

SPONSORED LINK

イケハヤさんのYouTube攻略大全&サロン(45,000円)

 
 
 

ニューヨークで起こった同時多発テロ事件からちょうど一年。


ちょうど一年前の今日、自分は当時住んでいたロンドンにいた。

そのニュースを知ったのは、お昼に一杯やろうかと思ってパブに行ったときだった。

パブに入ると中ではみんながテレビを食い入るように見ていて、

そのテレビにはビルが燃えている様子が映し出されていた。

最初はロンドンの街中でどこかのビルが火事になっているのかなくらいにしか考えてなかったけど

それにしてはみんな深刻に見ていたので尋ねてみて、そのときにアメリカでテロがあったのを知った。


もっと詳しく状況が知りたいと思い、インターネットカフェに行ってみると、


そこでは何人かの外国人がそのニュースを知り、泣き叫んでいた。
ロンドンも狙われていたことを知り、ビルから避難していた人もいた。


次の日、ついにロンドンの街から人ごみが消えた。


そのときに初めて実感した。怖い。戦争、テロの恐怖を身近に感じたのは初めてだった。

イギリスはアメリカの空爆に参加するということで報復されるのではないかって。

同じ時期にロンドン西部でも二回もテロが起きているし、
いつ攻撃されるのか、見えない恐怖、不安に襲われていた。
 

けど、帰国した日本にそんな見えない恐怖はまったくなかった。

テロなんて遠い国のお話だった。

あれはなんだったのだろう。ため息がでる。なんだったのだろうか。

ずっと緊張していたからか、体の力が抜けてしまった。

あれはなんだったのだろうか。まだ分からない。

分からないけど忘れられない。
 
 

PS…ニューヨークに行こうかロンドンに行こうか迷っていた去年。


もしニューヨークを選んでいたら、どうなっていたんだろう。

5年前に行ったことのあるニューヨーク。だから思い入れがあるのか。

初めての海外だったからかもしれないけど、すごく好きな街だった。
一番エネルギーに満ちている街。

そんな街があんなことになるなんて。やりきれない気持ちがある。

書きたいことはたくさんあるけど、これ以上書くのはよそう。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

やす(Yas)

これまでに3枚のフルアルバムの作詞作曲を担当。 一方では2000年代にはテレビを捨ててプリペイド携帯を持ちながら生活費を月わずか5000円で生活していたミニマリストとしてのライフスタイルや考え方など様々な視点からブログやYouTubeなどで発信中!!