運転免許更新での新たな学びはサンキュー事故と無事故の法則!

SPONSORED LINK

今回の通常青色の運転免許更新での新たな学びはサンキュー事故という言葉と無事故の法則というDVD鑑賞でした!

 

その1: 顔写真持ち込み編からの続きです。

 

今回は諸事情によりブルーに降格になりましたので今回の講習は

ゴールド講習の30分からブルー講習の60分の拡大版。

最初は1時間もいるのがつまらないかなと思いました。

でも5年に1度の講習を受けることで最新の道路交通法などいろんな情報を得られると思い

そしてブログのネタになると思い 笑

前の席に座ってしっかりお話を聞いてきました。

 

でもじつは、すごく勉強になりました!

 

その中でも一番なるほどと思ったのは

 

「サンキュー事故」

 

という言葉です。

簡単に説明すると、歩行者や自動車に道を譲られた時に

ありがとうとお礼をしながら車を運転するのが一番危険らしい。

なぜなら、お礼をすることに一瞬気をとられてしまい

注意力が下がってしまうようなのです。

 

先日、車が交差点に突っ込んだ事故のニュースを見たときに

店員さんが最後まで見送ってくれたのではやくいかないといけないと思って

あさって急にアクセルを踏んだかアクセルとブレーキを踏み間違えたという記事を見ました。

これはサンキュー事故とは少し違っているかもしれませんが、

ふとしたところに危険があるということでした。

 

これは大変大きな学びでした。

もしゴールド免許で30分で終わっていたら後半のその話は聞けなかったので

60分の講習もなかなか良かったです。

 

そしてブルー講習者限定で見られる

DVD放映「無事故の法則」

もなかなか良かったです!

 

そのあとの心理テストもブルー講習限定なので面白かったです。

自分の運転の傾向などがよくわかります。自分もそのとおりの結果でした。

 

たぶんこれは予想なのですが、ゴールド講習が30分で終わって免許交付されても

また席に座って免許をしまったりしてそのままいれば

そのあとのブルー講習も聞けるんじゃないかなと思うのですがどうでしょうか。

まあもし機会がありましたら聞いてみてください。

少しでも参考になりましたら幸いです!

 

 

PS…話は変わってもうひとつ珍しいことがありました。

免許を交付される時にひとりひとりのお名前を呼ばれるのですが、

一人だけ知人の名前が呼ばれてたので聞いたことある名前だなと思ったら

 

なんとそのひと本人でした!

 

声をかけたらすごく驚いていましたが、その方曰く、

免許更新の時に知ってる人に会ったことが何回かあるようです 笑

そんなわけで今回の5年ぶりの免許更新はとても楽しく充実したものとなりました!

それでは!

 

SPONSORED LINK