ひこうき雲を見上げるたびに思うこと

SPONSORED LINK

昨日、天気の良い中でひとしきり運動を終えてひと休みしようと

芝生にごろんと寝転がって空を見たら、

飛行機が飛んでたんだ。そしてひこうき雲も見えたので

あわてて携帯を探して寝転がったままパシャリ。

 

ひこうき雲を見ると昔、渡英したばかりの頃を思い出す。

 

ロンドン上空はよく飛行機が飛んでいるからね、

ひこうき雲がたくさん見えるんだよ。

そんでね、着いたばかりの頃は

誰も知ってる人いないから、よく1人で空を見ててね。

ある時、ふと飛行機がひこうき雲を作りながら

飛んでるのを見たとき、

 

あの飛行機に乗れたらなって、思った。

これまでも何度か海外に行ってて、

一度も帰りたいと思ったことはなかったし、

まあそれまでの海外は僕一人じゃなかったからだろうけど、

このとき生まれて初めて日本に帰りたいって思ったんだよ。

この時は初めて1人での外国だったので、

最初の頃は一刻でもはやく英語に耳と口を慣れさせて

はやく一人でも生活していけるようにしたいと思ってたから、

着いたその日から英語で話してラジオも英語で聞いて

一人言や考えることまでも全部英語でやっていたからさ。

そういうこともあって、日本人の友人はほとんどいなかった。

中には日本語を話さない日本人を敬遠する流れもあったけど、

 

僕はそういう流れには乗らないし、変に流されるのはご免だし。

常に時代の流れの真逆を行く反体制の男と呼ばれる所以だ 笑

けど最初の頃はやっぱどうしてもナーバスだったなあ。

日本語話さないとどうしてもストレスたまるんだよね。

それが一番つらかったよ。

 

自分に課した課題があまりにも大きすぎた 笑。

何度も挫折しそうになった。

言いたいことを表現できないってのは最強のストレスだね 笑

けどその時は日本語使うのは国際電話だけって決めてたからさ。

自分で決めたことはまっとうしようと思ってたから。

 

でも、それで良かったんだ。

それを乗り越えることができたおかげで着いてから

2ヶ月目には、ほとんど耳や口も慣れてきたので

自分の思うようにとても充実した日々を過ごすことができたよ。

帰国前には、どの国の人にも英語が分かりやすいって

言ってもらえてとても嬉しかったし、

英語ができなくて悩んでる人たち、日本人外国人を問わず、

少しでも手助けたりすることができてよかったと思う。

 

たくさん貴重な経験をしたよ。経験は、財産だ。

 

僕にとってのひこうき雲は、そんな思い出がつまっている。

 

 

※この記事は2006年2月26日に書いたブログ記事をリライトしたものです。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガーヤス(Yas)

20年前からの過去記事を現代にあげ続けるブロガー/音楽活動はsが3つ→ @Yasssu_jp /テニス&フットサルプレーヤー/マインドの家庭教師コーチング/ギバーライクな雰囲気投資家/密かに小中学生から商売始めたシリアルアントプレナー(連続起業家)/台湾旅行 2019.3.18〜21