景観

SPONSORED LINK

さっきまでコーヒーを飲みながら朝の風景を見ててふと思った。

自然というか緑がずいぶん少なくなったなあと。

見えたのはとある民家の小さな庭の芝生だけ。

ふと気づくと心はイギリスにいた頃の風景を探していた。

日本も昔はもっと緑地があったはずなんだけどなあ。

もうどこもマンションやデパートや駐車場などに変わっている。

便利なんだけどね。僕らはたしかにその恩恵を受けているし。

けど、そろそろ景観に配慮した街作りが必要だと思う。

たぶんみんなも気づいていることだろう。

ロンドンもシドニーもみんなそうやっている。

電柱も広告もなく、昔ながらの建物の良さを残しながら、自然を残しながらも発展していってる。

そういう良いところはどんどん取り入れていけばいいさね。

写真はロンドンでの朝の風景。

たいていどこにでもあったよ。アメリカもそうだったな。

これ見て浸ろうっと。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

ヤス(Yas)

2006年にOn The Knees(オンザニース)として米国レーベルより1st EPで世界デビュー。 2007年から2008年にかけて東京・名古屋・仙台などを中心にライブツアーを行う。 2010年に1stフルアルバム「memories」リリース。 そして2014年には2ndフルアルバム「Nostalgic Dreams」リリース。 2017年からはギターブランド「ダンエレクトロ」契約アーティストとなる。 2019年よりこれまでにリリースした曲や廃盤になった作品などをサブスク解禁(Apple MusicやSpotifyなどでストリーミング配信開始)。 今年5月より2ndアルバム以来5年ぶりとなる新作シングルを3週連続で配信リリース。 同時にステージネーム「シンガーヤス」として活動を開始。 ツイッターやインスタにて最新情報や日常を発信中。