大人になった時

SPONSORED LINK

10代前半の頃の僕はいつもまわりを気にしてばかりの男だった。

けど、その頃からずっとイメージしてた。子供ながらも自分が大人になった時のことをずっとイメージしていた。あんな髪型をしてどんな服でもかっこよく着こなして、そして内面はどんな時でも優しくて、芯の強くしなやかな、穏やかで誠実な男になれたらなって強く思ってた。

自分を変えることができるのは自分自身でしかないから。

そして今、時間をかけて少しずつだけど描いたそのとおりになってきている。まだ、もう少しだけど、間違いなく今の僕はその頃よりもいい男になってきたと胸をはって言えるようになった。今は20才の怖いもの知らずでイキがっていた自分も10代の弱かった自分も好きだ。それぞれに持ち味があって面白い奴だったと思うよ。そして今は人生を楽しさやこわさなどいろんなことを踏まえて穏やかに微笑むことのできる自分がいる。

若さというのは残念ながら永遠のものではないけど、これからもその時間を使って得た経験を積み重ねて、これからももっと自分のソウルを磨いていきたいと思う。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

ヤス(Yas)

2006年にOn The Knees(オンザニース)として米国レーベルより1st EPで世界デビュー。 2007年から2008年にかけて東京・名古屋・仙台などを中心にライブツアーを行う。 2010年に1stフルアルバム「memories」リリース。 そして2014年には2ndフルアルバム「Nostalgic Dreams」リリース。 2017年からはギターブランド「ダンエレクトロ」契約アーティストとなる。 2019年よりこれまでにリリースした曲や廃盤になった作品などをサブスク解禁(Apple MusicやSpotifyなどでストリーミング配信開始)。 今年5月より2ndアルバム以来5年ぶりとなる新作シングルを3週連続で配信リリース。 同時にステージネーム「シンガーヤス」として活動を開始。 ツイッターやインスタにて最新情報や日常を発信中。