ささやかな幸せや喜びに敏感でありたい

SPONSORED LINK

アメリカから帰国したギタリスト畠山が向こうのiTMSカードをお土産に買ってきてくれたんだ。それって粋だよ!!日本のiTMSは曲数が少なくて僕の聴きたいマイナーな洋楽の曲がほとんど見つからなかくてため息ばかりだったからさ。その矢先にこの粋な計らいだよ。とても嬉しいよ!!最近は不平不満ばかりで、なかなか人生に楽しさを見いだせなかったけど、1つ嬉しいことがあるだけで人生はバラ色だ。そういう部分においては僕の場合単純な思考回路で成り立っているからさ。けどつらい日々が続くと少しずつ鈍感になってくるんだよね。昔はちょっとした嬉しいことが1つあっただけで1日中ハッピーだったってのに。

ささやかな幸せや喜びに敏感でありたい。

そしてこの感覚をずっと忘れないようにしたい。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

2000年代にはテレビを捨ててプリペイド携帯を持ちながら月5000円で生活していたミニマリストのライフスタイルや考え方など様々な視点から発信中!! 同時にYouTubeチャンネル「YAS VLOG」でも日常を発信中!