ワールドカップ観戦記

SPONSORED LINK

行ってきましたワールドカップin宮城。対戦カートはメキシコとエクアドル。

 
仙台駅に向かうバスの中にはもうすでに同じく観戦する日本人の姿もちらほら。
 
そして仙台駅にはもうエクアドルとメキシコのサポーターがもうたくさん。
 
こんなに外国人のたくさんいる仙台は初めて見たなあ。まわりにはスペイン語が飛び交っていた。
 
そして多賀城駅まで電車で行ってそこからシャトルバスでスタジアムに移動。
 
時間帯のせいか比較的すいていたので移動はスムーズだった。
 
シャトルバスに乗るところで最初のチケットのチェックがありました。
 

そしてつきました宮城スタジアム。ここから熱気がものすごかった。

 
各国サポーターの応援合戦。入場する人の波。
 
ここで本格的なボディチェック。金属類はビニールにいれて持ち歩き。
 
全身を探知機でチェック。ひとりひとりにやっていたので空港みたいだった。
 
とにかくチケットを5回くらい提示したかな。けっこう厳重だった。
 
スタジアムは2階席だったけど思ったよりは見やすかった。
 
 

試合が始まってすぐにゴールが決まった。ものすごい地鳴りのような歓声に自分もいつのまにか叫んでいた。

 
けどまわりの人たちがおとなしかったのでちょっともの足りなかったが。ウェーブを起こそうとしても誰もやらないし。
 
下で各国のサポーターたちと一緒に応援したかったなあ。まあしょうがないな。
 
ハーフタイムは売店に行ったけどものすごく混んでいたので結局なにも買えなかった。もっともほとんどが売り切れだった。
 
後半にはメキシコが逆転のシュートを決めた。すごい盛り上がりだった。
 
その後はエクアドルに期待したんだけど、最後の一歩でミスをしてた。みんなのため息もすごかった。
 
結果は2-1でメキシコが勝った。けど内容もなかなかよかったので満足。
 
 

さて試合が終わると同時にこれからの日本とロシアの試合を見ようとみんなが一斉に帰りだした。

 
帰りはバスがどこからでるかわからなかった。まわりの人たちもちょっと怒っていたなあ。
 
電車の中ではメキシコサポーターがたくさんいて見てておもしろかった。みんなご機嫌だった。
 
とまあこんなとこだった。

実際に見ての感想としては、

国際試合っていうのはまたぜんぜん雰囲気が違っていて、
それでいていろんな人間模様が楽しめた。
国ごとにもぜんぜん応援スタイルが違うので
 
異文化って感じだった。もっとこんな機会が仙台にも増えれば、もっとおもしろくなると思う。
 
ひさしぶりにこういう大きなイベントがあってすごく楽しめた。またこんな機会があったらいいなあ。

 

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

ヤス(Yas)

2006年にOn The Knees(オンザニース)として米国レーベルより1st EPで世界デビュー。 2007年から2008年にかけて東京・名古屋・仙台などを中心にライブツアーを行う。 2010年に1stフルアルバム「memories」リリース。 そして2014年には2ndフルアルバム「Nostalgic Dreams」リリース。 2017年からはギターブランド「ダンエレクトロ」契約アーティストとなる。 2019年よりこれまでにリリースした曲や廃盤になった作品などをサブスク解禁(Apple MusicやSpotifyなどでストリーミング配信開始)。 今年5月より2ndアルバム以来5年ぶりとなる新作シングルを3週連続で配信リリース。 同時にステージネーム「シンガーヤス」として活動を開始。 ツイッターやインスタにて最新情報や日常を発信中。